スマホの【安心&安全&お得】を追求中!!

子供がスマホを安全に使うためには?【保護者の方々は必見です】

  • 子供にスマホを持たせてあげたいけど、トラブルが心配・・・
  • スマホってどんな危険性があるの?
  • 安全性を考慮したスマホって高いんじゃない?

子供が小中高生になってくると、スマホに関する上記のような悩みをもつお母さんの話をよく聞きます。

確かに、スマホって毎月の料金は高いし情報のカタマリなので、子供に持たせるには少し不安ですよね。

ただ、周りの子供たちとの関係性とかも考えるとスマホを買わないという訳にはいかないという保護者の方々もいらっしゃるでしょう。

そこで、このページでは「子供用のスマホを安全に使うための機種の選び方&設定方法」について詳しく紹介します!

子供がスマホを安全に使うために必要な設定

子供がスマホを安全に使えるようにするためには、スマホにどんな設定・制限をかけられるのかを知る必要があります。

基本的に、スマホ本体に付属していることは稀ですが、携帯会社のオプションや専用のアプリを別途インストールすることで下記のような設定をすることが可能になります。

使用可能な時間帯

スマホの使用可能な時間帯を設定することが可能です。例えば、保護者の方が「夜の10時から朝の6時まではスマホのアプリを使えないようにする」など設定してあげるだけで、子供のスマホはアプリが使えなくなります。

子供のスマホ依存対策や勉強時間の確保などに必要な制限でしょう。

アプリのインストール

子供が新しいアプリをインストールする際に、保護者の承認がないとインストールできない制限です。有害なアプリに触れられる機会を消滅させられる機能なので、子供用のスマホには必須の制限機能と言えるでしょう。

なお、遠隔でアプリのインストール承認ができるタイプもありますので、しっかりチェックしましょう。

サイトのフィルタリング

アダルトサイトなどの有害サイトの閲覧を阻止するための機能です。契約した携帯会社が無料で提供しているフィルタリグサービスもあるので、契約時には要確認です。

後述する無料で高品質な制限サービスにも、高度で簡単設定のフィルタリング機能が含まれているので、ぜひ参考にしてください。

スマホ本体のセキュリティ

スマホは、アプリやWebページからのウイルスによる脅威に常にさらされています。その脅威からスマホを守るためにセキュリティソフトやサービスを利用している方がいらっしゃいます。

僕個人の考えとしては、iPhoneにセキュリティソフトは必要ありませんがandroidは不安な方は設定しておいた方が良いでしょう。iPhoneとandroidではセキュリティの強さに大きな違いがあるからです。

遠隔でのロック

子供と親が遠くにいても、親側のスマホから子供のスマホを手動でロックできる機能です。子供が何かいうことを聞かなかった場合や、約束&ルールを破った場合にすぐにスマホを使えなくすることができます。

あまり使いたくない機能ではありますが、抑止力としてはかなり有効です。

課金制限

子供はゲームが大好きです。一昔前ならテレビや携帯型ゲーム機が主流でしたが、最近の子供たちのブームは「スマホアプリゲーム」です。

アプリゲームは無料で遊べるものが多いのがメリットですが、ゲーム内に「課金システム」が搭載されている点が保護者の方にとっては大きな不安でしょう。

従来のパッケージ型のゲーム機やソフトは1回買ってあげればそれでお金がかかることはありませんでしたが、課金型のアプリは使おうと思えば無限にお金を使うことができてしまいます。

そのため、子供にスマホを与える際は、必ず「課金制限」を設定することを強くおすすめします。

位置情報の確認

子供がスマホを持つことによる大きなメリットが「子供の居場所を確認できるようになる」ことでしょう。

スマホのGPS機能を使うことによって、子供が今どこにいるのかを瞬時に把握することができます。

ただし、この機能もスマホを持っているから使えるという訳ではなく「親子であることの認識」をお互いの端末に設定しないといけません(他人に自分の居場所を知られたら気持ち悪いですよね)

ただ、GPS機能を使って子供の居場所を把握するための設定自体は特に難しいものではないため、安心して頂けたらと思います。

子供のスマホは親のスマホに合わせる

上記で、子供のスマホを安全に使うために必要な設定について紹介しましたが、その設定をするためには

  • 子供のスマホと親のスマホの種類を揃える【iPhone/android】
  • 携帯会社のオプションに加入する

上記のどちらかの条件を満たす必要があります。携帯会社のオプションは有料な場合が多いのですが、子供と親の機種を揃えた場合に使えるサービスは基本的に無料で使えるのでおすすめです。

ここからは、子供と親が「iPhone同士」「android同士」である場合におすすめの子供がスマホを安全に使うための無料で高品質なサービスについて紹介させていただきます。

【iPhone】スクリーンタイム

親も子供もiPhoneを使うなら、「スクリーンタイム」がおすすめです。appleが提供しているサービスで、iOS12から開始されました。

appleが公式に「子供向けのサービス」と謳っていることもあり、信頼性は抜群です。上記で述べている設定(時間帯・インストール・フィルタリング・遠隔ロック・課金制限・位置情報の確認)はほぼ全てカバーしています。

参考 スクリーンタイムapple

ただし、位置情報の確認はiPhoneの「友達を探す」という機能を使う必要があります(無料で簡単に設定できます)。

参考 友達を探すapple

また、課金制限については携帯会社のキャリア決済機能の制限まではできないので、別で設定してあげましょう。

スクリーンタイムで出来ること

スマホの利用時間帯制限
アプリのインストール制限
アプリ毎の利用制限
ウェブサイトの閲覧制限
課金制限○(キャリア決済は別)
端末の設定変更制限

【android】Googleファミリーリンク

親子でandroidを使うなら、Googleが2018年2月からサービス開始した「Googleファミリーリンク」がおすすめです。

最初の設定時に既存のGoogleアカウントは使えないなど、注意するべき点はありますが、一度設定してしまえばGoogleが提供する高品質な子供向けスマホサービスを受けることができます。

保護者向け Google ファミリー リンク

保護者向け Google ファミリー リンク

Google LLC無料posted withアプリーチ

設定の際に、保護者の方のクレジットカード登録が必要になるので準備しておきましょう。

参考 GoogleファミリーリンクGoogle

Googleファミリーリンクで出来ること

アプリの時間帯制限
ウェブサイト閲覧
アプリのインストール制限
アプリの利用制限
端末設定変更制限
設定のカスタマイズ
課金制限×(PLAYストアから別途設定可)

キャリア決済の制限について

スマホの課金を制限するためには、上記の「スクリーンタイム」「Googleファミリーリンク」だけでは足りません。3大キャリアで子供にスマホを持たせる場合はキャリア決済サービスにも気をつける必要があるからです。

キャリア決済とは「docomo/au/SoftBank」だけが行なっているサービスで、ネット上での買い物やアプリの課金などをスマホの料金に合算して支払うことができます。

子供用のスマホには、にキャリア決済の制限をしておかないと子供が際限なく課金や買い物をしてしまう可能性があり、大変危険です。

基本的には、キャリア決済で利用できる金額を0円にするだけで対策できるので、忘れずに設定しましょう。

お得で安心な機種の購入方法3選

先ほどまでは、子供にスマホを購入する前に必要な事前知識について紹介させて頂きました。

ここからは、実際に子供のスマホをお得に購入するための方法についてパターン別に紹介していきます!

①親と一緒の携帯会社にする(大手3キャリア)

保護者が大手携帯会社【docomo/au/SoftBank】をお使いの場合に、子供も同じ会社を選ぶというパターンです。メリットとしては、親と全く同じ使い勝手で使用可能なため、何かあったらすぐに対応しやすいというのと、ショップ数が圧倒的に多いということです。

デメリットとしては、料金が高いということでしょう。どれだけプランを抑えても大手キャリアは機種代金やそもそもの基本料金が高いため、毎月4000〜5000円程度にはなってしまいます。

大手3キャリアの評価
お得度
(2.0)
安心度
(4.0)
総合評価
(3.0)

②格安スマホ会社でスマホセットで購入する

最近話題になっている格安スマホ会社で子供用のスマホを購入するという方法です。

メリットとしては、毎月の料金を大手キャリアの半額以下に抑えられるという点、デメリットとしてはショップやサポートの少なさが挙げられます。

ただし、最近は楽天モバイルやワイモバイル、UQモバイルは全国にショップを展開しており、最近はよく街中で見かけます。サポートは大手キャリアほどなくても良いから、とにかく料金を安く下げて子供にスマホを持たせたい場合は格安スマホを要チェックです。

格安SIM+スマホセットの評価
お得度
(4.0)
安心度
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

③スマホは中古で購入して、SIMだけ契約する

上記の格安スマホ会社はSIMカードのみの販売も行なっています。つまり、端末は自分で用意して、SIMカードだけを携帯会社で契約することができるのです。

この方法のメリットとしては、今まで紹介してきたパターンの中で最も料金を抑えられるという点、デメリットとしてはサポートが非常に薄くなってしまうという点です。

スマホの料金で最も安くなるプランは【データのみ】というプランですが、このプランは音声通話ができない代わりに毎月1000円程度でスマホでインターネットを利用することができます(LINEの通話は可能)

ただし、機種とSIMが完全に別になってしまうため、SIMの挿入から設定までは自分自身の手で行う必要があり、慣れていない人には面倒に感じてしまうかもしれません。

SIM単体契約の評価
お得度
(5.0)
安心度
(3.0)
総合評価
(4.0)

まとめ

いかがだったでしょうか?

このページでは「子供のスマホを安全に利用するための知識&設定」「子供のスマホの選び方」について紹介させて頂きました!

基本的には、格安スマホ会社で端末セット購入が最も手間と金額のバランスが取れているので、子供用のスマホを検討中の方は当サイトのコンテンツを参考にしてみてください。

また、保護者が格安スマホ会社を使っていたら、子供もそれに合わせるのが一番安いし、わかりやすくて安心ですので家族割などを調べてみてください。

合わせて読みたい
<ul>
<li><a href=”https://smart-kakuyasu.site/child-smartphone-restriction/”>子供のスマホを制限する最も効率的な方法</a></li>
<li><a href=”https://smart-kakuyasu.site/child-smartphone-rule/”>子供のスマホに必要なルール10選</a></li>
<li><a href=”https://smart-kakuyasu.site/child-smartphone-timing/”>子供のスマホはいつから持たせる?気になる時期やきっかけを聞いてみた</a></li>
<li><a href=”https://smart-kakuyasu.site/child-smartphone-inexpensive/”>【必見】子供のスマホを最も安く購入する方法3選!</a></li>
</ul>