スマホの【安心&安全&お得】を追求中!!

子供のスマホを購入する上で最も安い方法3選!プロが教えるスマホ節約術とは!?

 

  • 子供のスマホを購入したいけど、どうすればお得に購入できるか分からない
  • 子供用の安いスマホを探しているけど、そもそも何が安いのか分からない
  • 子供が新しいiPhoneを欲しがっているけど、できるだけ安く抑えたい

中学生や高校生に上がる時や、クリスマス・誕生日などのタイミングで子供にスマホを購入してあげるご両親が増えています。

最近は学生のスマホ所持率もかなり上がって来ているので、周りの目が気になるといった場合もあることでしょう。

しかし、スマホは何も考えずに契約してしまうと毎月高額な料金が発生してしまいます(8000円〜10000円程度)。

子供のスマホにそこまでお金をかける必要性もないご家庭がほとんどでしょう。

そして、スマホを安く購入する方法は確実にあります!

ただ、それぞれのご家庭の意向や状況によってオススメできるプランが変わってしまうのがスマホのプランです。

そこで、このページではパターン別に子供のスマホを安い料金で持つ方法について紹介させていただきます。

家族で格安スマホに乗り換えようとお考えの方は、

目次から「家族で格安に乗り換える可能性があるなら楽天・UQ・ワイモバイルがオススメ!」へ

とんで頂くのがよいと思います。

 

最安パターンデータのみSIM+持ち込み端末

話題の格安SIMで、データのみプランというものが存在します。

そのプランを利用して契約することで、子供用のスマホを安い料金で運用することが可能です。

もちろん、この方法には安いなりの制約がありますが、いくつかのデメリットがクリアになるのであれば、最も安く子供にスマホを持たせることができる方法なのでご参照ください。

概要

格安SIM会社では、毎月数百円程度で契約できるプランが存在します。

それが「データのみ」というプランです。

その名の通り、インターネット通信を利用したサービスしか使えませんが、現在の日本で最も安いスマホのプランと言って間違いありません。

会社名月額料金使用可能ギガ数
nuroモバイル300円0.2G/月
DMMモバイル440円低速無制限
楽天モバイル525円低速無制限
mineo700円0.5G/月
OCNモバイル ONE900円110M/日
UQモバイル980円3G/月
MEMO
低速無制限とは、ギガ数が決まっているプランではなく、「通信速度は遅いけど無制限で使えるプラン」のことです

デメリット&注意点

格安SIMのデータのみプランのデメリットについて紹介します。

下の文を読んでデメリットが気にならないようでしたら、データのみプランがオススメになるでしょう。

音声通話はできない

データのみプランは、電話番号を使った通話をすることができません。

LINE電話ならできますが、ラインを持っていない相手(ガラケー・学校・企業など)との音声による連絡手段がないというデメリットがあります。

また、LINE通話をするという前提であっても注意点があります。

それは、LINEのアカウントを作る際に電話番号を要求されるということです。

LINEアカウントの作成において、入力した電話番号に対して本人確認のためにSMSか機械による着信のどちらかを選ぶ必要があります。

そのため、データのみプランを契約する際は、SMS機能がついたプランを選ぶようにしましょう。

MEMO
家に固定電話や2台持ちしている回線があれば、その番号を使っても問題ないです

通信会社によっては速度が満足に出ない場合がある

 

格安SIM会社は大手の携帯会社(docomo/au/SoftBank)から回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、回線を借りている大元の携帯会社の電波が入らないエリアにお住まいの方はその格安SIM会社の電波も入らないです。

注意
例えば、ソフトバンクの電波が入らないエリアに住まれている人が、ソフトバンク回線を利用しているワイモバイルを契約しても意味がないということです。

また、回線を借りているという仕組み上、大元の携帯会社より通信速度が早くなることはないです。

さらに、大手携帯会社は複数の格安SIM会社に回線を貸しているため、「時間帯によっては速度がめっちゃ遅い」というレビューを見かけることもちらほらです。

参考 通信速度をリアルタイムに計測 - 格安SIMの通信速度の比較格安SIMの通信速度

端末を用意する必要あり(自己責任)

データのみプランを選ぶ際、最もデメリットとなるのは

「端末を自分自身で用意して、設定も自分で行わないといけない」という点です。

あまりスマホに詳しくない方がこの方法を選択すると、思いがけない損をしてしまう可能性があります。

具体的には

  • SIMフリーではない端末を中古で買ってしまう(結局使えない)
  • 契約したSIM会社と合わない端末を購入してしまう
  • APN設定の方法が分からずに挫折してしまう

上記のようなトラブルが起きる可能性があります。

持ち込み端末とSIMカードには相性があるため、事前に契約予定のSIM会社に自分のスマホが使えるかどうか問い合わせてみましょう!

メリット

今度はデータのみプランで契約するメリットについて紹介します!

とにかく安い!(毎月数百円程度)

最大のメリットはその安い料金プランにあります。基本的にスマホの料金は毎月8000円程度はかかってくるにも関わらず、データのみプランは最安で毎月300円から利用が可能です(nuroモバイル)。

会社名月額料金使用可能ギガ数
nuroモバイル300円0.2G/月
DMMモバイル440円低速無制限
楽天モバイル525円低速無制限
mineo700円0.5G/月
OCNモバイル ONE900円110M/日
UQモバイル980円3G/月

②いつ解約してもOK!

データのみプランのメリットはもう1つあります。

それは契約期間の縛りが存在しないことです。

通常のスマホの契約であれば、契約から2年間の縛りの後に更新月が2ヶ月あって、その更新月を過ぎるとまた2年の契約が始まるという「自動更新」と呼ばれるシステムでした。

しかし、データのみプランには2年間の縛りどころかそもそも契約期間というものが存在しないのです。

つまり、いつ解約しても解約金がかかりません

使い方や環境が変わりやすい子供用のスマホだからこそ、嬉しい仕様であると言えるでしょう。

参考 Q&A 契約解除料は発生しますかUQモバイル公式HP
MEMO
どうしても子供がルールや言いつけを守らなかった場合はスマホの解約という話になるでしょう。そういった事態にも余計なお金をかけることなく解約が可能です

データのみプランでオススメの格安SIM会社

データのみプランの中身が分かったところで、今度はおすすめのSIM会社を3社紹介します。

TONEモバイル

現在、日本で唯一の子供をメインユーザーとしたスマホ会社が「TONEモバイル」です。CMなどは少ないので認知度は低いのですが、「独自の見守り&フィルタリングサービス無料」「機種代金含めた料金がお得」ということで密かに人気を博しています。自社提供端末とのセット販売が強みなので、端末セットの購入を考えている方は要チェックです。

ただ、通信速度や機種のスペックに関しては今ひとつというレビューが目立つため、本当に安く子供に持たせたい保護者の方向けと言えるでしょう。

このSIMの評価
料金面(機種代金込み)
(5.0)
通信速度
(3.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(5.0)

MEMO
(端末を持ってないけど、とにかく子供のスマホを安くしたい方向け)

月額1000円で使えるTSUTAYAのスマホ 【TONE】

TONEモバイル利用者10人のレビュー&評判

→Twitterの新しい投稿順に引用《2017.8.5~2018.12.11》

  • 「TONEモバイルが勝手に再起動してLINEとインスタ消えました」
  • 「ソフトバンクの通信障害はサイバーテロかと思ったわ。こんな事もあると予測し、ドコモのガラケーとTONEモバイル二台持ちだけどTONEモバイルはドコモの回線だから通信障害系には意味ないな。壊れた時にはいいけど。」
  • 「TONEモバイルは店舗の人が優しくて良かったわ」
  • TONEモバイルでレポート書くのに使ってるアプリ、まさかの写真機能も搭載。更にTONEモバイル特有のシャッター音を消すことが出来る。 優秀じゃねぇか」
  • 「おはようございます。大坂は未明から雨が降っております。 僕の使ってるTONEモバイルは1時から6時までデータ使い放題なのでYouTube観ながらオールしてしまいました、からのマチカフェ。そろそろ終わるんじゃないかと思いながらまだ貰えました。」
  • 「夫婦でauからUQモバイルに切り替えたついでに、長女の携帯もマモリーノからTONEモバイルに切り替え。 月額1000円のスマホで、常時位置情報を確認可能、アプリは親の承諾前提で選択可、利用可能時間を設定できる等、子どもが携帯を使うリスクを極小化できる設計。なかなかおススメです。」
  • 「娘のスマホエラいことにฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!! TONEモバイルなんですが 電池が膨れ上がってカバーがはまらず 液晶画面も浮き出してきれるでぇ Σ(゚ω゚ノ)ノ 今日見てもらいに行ってくるわ」

nuroモバイル

日本人で知らない人はいないであろう「SONY」が運営している格安SIM会社が「nuroモバイル」です。

特筆するべきはデータのみプランの最安が月額300円という点にあります。

0.2Gというかなり少ないギガ数での契約になりますが、そもそもラインの利用は速度制限がかかっていても可能です。

このSIMの評価
料金面
(5.0)
通信速度
(3.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.5)
MEMO
(端末を既に持っている人向け・最も安い)

月額300円からのnuroモバイル

nuroモバイル利用者のレビュー

Twitter上の声

  • nuroモバイル初請求。乗換初月だしエントリーパッケージ使わなかったからまぁ色々経費掛かったけど、初期費用1000円引、初月無料はやはりデカイ。」
  • 「契約しててよかったnuroモバイルdocomo回線」
  • NUROモバイル、ググプレのダウンロードや30Mくらいのデータダウンロードがウルトラ遅かった問題が解消されたっぽい。 今のレベルが維持されるなら問題ないな」
  • nuroモバイルのお試しプラン、音声プランを付けても最低利用期間や解約金はないとのこと。」
  • nuroモバイルの取り扱い、まさかのXperia XZ Premiumだ!」
  • nuroモバイル5GBプラン使ってる。以前は3日間600MBで速度制限かかったが、昨日までの3日間で1GBでも制限かからなかった。先月から緩和したというのは本当のようだ。滅多にそんなに使わないのだが」
  • 「ソフトバンク回線nuroモバイルXperia X Compact SO-02J、ずっと電波をつかみませんが圏外にはなりません。 」

UQモバイル

このSIMの評価
料金面
(3.5)
通信速度
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.0)

MEMO
(端末を既に持っている人向け・とにかく速い・毎月数百円しか違わないなら子供のために通信速度を選んであげるのもあり)

格安スマホならUQモバイル

UQモバイル利用者のレビュー

→Twitter上の声

  • 「docomoからUQモバイルの「データ高速+音声通話プラン」へ乗り換えました。通話しない人におすすめ。」
  • UQモバイルに乗り換えることを決意してとりあえず色々整理してたら使っていなかったauウォレットに15000円溜まってたからアマギフにかえた UQモバイルにして月々の料金も3000円ぐらい安くなりそうだし、ちょっと朝からハッピー」
  • 「try UQモバイル 現物が届きました!1週間程お試しです デザリングで節約モードが使えるか検証します」
  • 「ソフバン騒動のせいじゃないけど、ソフバンからUQモバイルに乗り換えた。UQの節約モードすごいー。ほんとに通信量減らないし、十分使える。プランがちょいちょい変えれるのがありがたいな。」
  • 「修理依頼したら10分で手続き終了ꉂ(ˊᗜˋ*) 明日、新しい携帯が職場に届く予定(笑) あとは自分でやるだけやな、、、 UQモバイル簡単でええわ 」
  • UQモバイルに乗り換えてから早数ヶ月、自宅はwifi、それ以外はほぼ節約モードで使っていたらこんなにデータ残量が貯まっていた…こりゃスゴ( ˙▿˙ ) 」

格安スマホならUQモバイル!

家族で格安に乗り換える可能性があるなら楽天・UQ・ワイモバイルがオススメ!

  

将来的に家族全員で通信費見直しのために格安スマホに乗り換えを検討している場合は

UQモバイル」、「ワイモバイル」、「楽天モバイル」の3社が絶対におすすめです。

ここからは、その理由について紹介させていただきます。

3社がオススメな理由

家族割

上記の3社は2回線目から通信費に割引が入ります。いわゆる「家族割」です。

大手キャリアであればお馴染みのサービスですが、格安スマホで家族割を適用できる会社はです。

「楽天モバイル・UQモバイル・ワイモバイル」より安く使えるスマホ会社はあるのですが、

家族割を適用できるのであればそのデメリットは埋められると考えていいでしょう。

回線の安定性

「UQモバイル」はau回線、「ワイモバイル」はソフトバンク回線、「楽天モバイル」はドコモとau回線を使っています。

特にUQモバイルは格安SIMの中でも通信速度が圧倒的に速いとネットでも評判です。

 
参考 格安SIM通信速度ランキングモバレコ

上記の画像を見ると、ほとんどの時間帯でUQモバイルの通信速度が1位です(下り)。

基本的にデータをアップロードすることは少ないと思うので、上りの速度は無視してもらって構わないでしょう。

また、ワイモバイルはそこまで速度が出ていませんが、朝と夜の速度差が非常に少ないです。

ソフトバンクと同じ会社で運営されているだけあって、安定性はピカイチと言えます。

楽天モバイルは3社の中では最も通信速度が遅い結果が出ています。

しかし、楽天モバイルには他の2社にはない「速度制限時の速度が速い」というメリットがあります。詳しくは後述しますが、3社にそれぞれの回線に関するメリットがあると言えるでしょう。

ショップ数

  

ショップが近くにあると何かと安心ですし、便利です。

UQモバイル・楽天モバイルは店舗拡大中ですし、ワイモバイルはソフトバンクと統合して全国のソフトバンクショップでサービスを受けられるようになりました。

参考 UQスポットUQ Communications 参考 ソフトバンクショップSoftBank 参考 楽天モバイルショップ楽天モバイル

上記のような理由から、家族でまとめて通信費を安くすることを視野に入れている場合は「UQモバイル」「ワイモバイル」「楽天モバイル」がおすすめの会社になります。

MEMO

「UQ・楽天・ワイモバイルがおすすめな理由」

  • 家族割が使える
  • 回線が比較的に安定している
  • ショップが多いため、安心して使える

では、この3社の中で選ぶならどこが良いのかということになりますが、それは人(家庭)それぞれです。ここからは各社の特徴について紹介させて頂きますので、自分に合った携帯会社を見つけてください!

楽天モバイルの特徴・向いている人

楽天市場などのサービスで急速に規模を拡大してきた「楽天」が運営している格安SIMです。

特徴は2点あり、

  • 楽天会員は月額料金や楽天ポイントがお得
  • 通信制限時の速度が速い

となっています。

特に、楽天のサービスを頻繁に使う方は間違いなくお得になるので必見の会社です。

楽天モバイルの評価
料金
(5.0)
楽天会員
(5.0)
低速通信時の速度
(5.0)
通常の通信速度
(3.0)
総合評価
(5.0)

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

UQモバイルの特徴・向いている人

通信速度で圧倒的な優位性を誇る格安SIM会社が「UQモバイル」です。

通信費の節約をしたいけど、通信速度は落としたくないという方にとてもおすすめです。

SIMカードのお試しサービス(無料)も行なっているため、安心して使えますし、ネットからの申し込みであれば高額キャッシュバックも狙える点も魅力でしょう。

参考 Try UQ mobileUQ communications
UQモバイルの評価
料金
(4.5)
通常時の通信速度
(5.0)
節約モード
(5.0)
ネット申し込み時のキャンペーン
(5.0)
総合評価
(5.0)

格安スマホならUQモバイル!

ワイモバイルの特徴・向いている人

ソフトバンク株式会社が運営する「ワイモバイル」は格安スマホというジャンルを日本で初めて開始したブランドです。

大元がソフトバンクなだけあって、乗り換えや新規契約に関するキャンペーンが豊富な点が特徴です。

また、楽天と同じく自社で「ヤフーショッピング」を運営しているためヤフー会員に対しての特典も厚いです。

自宅の固定回線との割引もあるため、家のインターネットに「ソフトバンク光」「ソフトバンク Air」「ヤフーのADSL」のどれかを契約している方は必ず確認しておきましょう!

ワイモバイルの評価
料金
(5.0)
ヤフー会員
(5.0)
ショップ数
(5.0)
通常時の通信速度
(3.5)
総合評価
(5.0)

 

まとめ

このページでは「子供のスマホを安く購入するパターン別の方法」について紹介させて頂きました!

スマホの料金プランは複雑で難しいですが、しっかり理解して契約すればかなりの節約効果を発揮します。

子供用のスマホを安く持たせたい方はぜひ当サイトのコンテンツを参考にしてください!