スマホの【安心&安全&お得】を追求中!!

子供のスマホのGPS機能を使って居場所を確認する方法について

&nbsp

  • 子供がスマホの着信やメッセージに気付かない。
  • 子供が良く出かけるが、居場所がわからない。
  • 不審者情報が出たので、今すぐ現在地を知りたい。

子供が巻き込まれる事件や事故が増える現在、こうしたお悩みを抱えるお父さん、お母さんは少なくありません。

子供は夢中になって遊ぶもの。スマホを持たせていても、こちらの電話やメッセージに反応しないこともしばしば。

そんな不安を解消してくれるのがスマホのGPS機能です。そこで今回は子供のスマホのGPS機能を使って居場所を確認する方法をご紹介します。

子供のスマホがiPhoneかAndroidか確認する

スマホのGPS機能を活用するにあたってまず確認しなければいけないのが、スマホの種類です。

スマホは大きくiPhoneとAndroidに分かれます。

以下では親子ともに同じ種類のスマホを使用している場合の、GSP機能の利用方法について考えてみましょう。

親子でiPhoneなら「iPhoneを探す」機能が便利

親子ともにiPhoneを使用しているなら「iPhoneを探す」機能を利用しましょう。

「iPhoneを探す」を使うためにはまず以下の準備作業を行ってください。

ホーム画面に表示されている「設定」をクリック。

画面一番上のユーザー名をタップ。

その後に「iCloud」をタップします。

下の方までスクロールすると「iPhoneを探す」がありますのでタップ。「iPhone を探す」と「最後の位置情報を送信」をスライドさせてオンにします。

IDとパスワードを求められますので、親のApple IDとパスワードを入力すれば準備完了です。

位置情報を確認するためには、親のiPhoneの「iPhoneを探す」アプリを立ち上げるだけ。

子供のスマホの位置情報や電池残量などがひと目でわかります。

親子でAndroidなら「Googleファミリーリンク」が便利

親子ともにAndroidを使用しているならアプリ「Googleファミリーリンク」を利用しましょう。

このアプリは無料でGoogle Playストアからダウンロードできます。

アプリを親の端末と子の端末の両方にダウンロードしたら、まずは親の端末から設定をはじめます。

チュートリアルにしたがって設定を進めます。

途中で子供用のGoogleアカウントを新規作成します。

親の端末の設定を終えたら、子供の端末とのペアリングを行います。次いで、子供の端末で設定を行えば完了です。

Googleファミリーリンクはペアレンタルコントロールアプリです。

GPSによる子供の位置情報の確認だけでなく、スマホの利用時間の管理、アプリの利用制限など総合的に子供のスマホの管理が行えます。

保護者向け Google ファミリー リンク

保護者向け Google ファミリー リンク

Google LLC無料posted withアプリーチ

Googleファミリーリンク

親子で機種の種類が違う時はアプリを使おう

「iPhoneを探す」も「Googleファミリーリンク」も最大限にその機能を活用するためには、親子で同じ機種を使用していることが前提。

親子で機種の種類が違う時は両方のOSで使用できる以下のアプリを試してみてください。

子供のスマホに入れるGPSアプリ①「Life 360」

「Life 360」はGPSを用いて位置情報が共有できるアプリ。

子供の位置情報を地図上で確認したり、子供が自宅や塾、学校などの特定の地点に到着した際に通知を受け取ったりできます。

もちろんGPS機能を用いて子供がスマホを紛失したり、盗難された時、子供のスマホを発見することも可能です。

初詣や夏のプールなど人混みに出かけた際、子供が迷子になることは少なくありません。

しかし、Life 360を子供のスマホにインストールしておけば、迷子になった子供の居場所をすぐに発見できます。

また、Life 360はGPS機能だけでなく、SNS機能が搭載されているのが特徴。

LINEなどのSNS機能が統合されているので、家族間だけで使用するアプリとして多方面で活用可能です。

GPSアプリは常時衛星と通信するため、電力消費が激しいのが難点。

しかし、Life 360はバッテリーの消費電力を極限まで抑える省電力設計になっていますので、「子供の位置情報を調べたい時に電池切れ…」という事態を防げます。

Life360-子供の見守り
Life360-子供の見守り、家族と位置情報共有アプリ

Life360-子供の見守り

Life360-子供の見守り

Life360無料posted withアプリーチ

子供のスマホに入れるGPSアプリ②「Find My Device」

「Find My Device」はGoogleが提供するGPSアプリ。

Googleが誇る最高の地図アプリ「Google Map」と連動して、子供のスマホの位置を地図上に表示してくれます。

GPSの性能はどのアプリで使用しても変わりありません。

問題はGPSが示す位置情報をどれぐらいわかりやすく地図上に表示してくれるかです。

地図のないGPS情報はスマホで役立てることはできません。

GoogleのマップがiOSのマップに比べて優れているのは情報量の多さ。

「建物内に子供がいることはわかっているんだけど…」という場合であっても、インドアマップが充実しているGoogleマップと連動したFind My Deviceを使用すれば大丈夫。

空港、ショッピングモールなどの建物内で子供の位置を特定したい時、このアプリは役立ってくれます。

もちろん子供のスマホの着信音を鳴らしたり、電池の状況を確認したり、遠隔で端末のロック・情報消去もお手のもの。安心して子供にスマホを持たせることができます。

端末を探す

端末を探す

端末を探す

Nattapon Kittisuphat無料posted withアプリーチ

子供のスマホに入れるGPSアプリ③「Prey Find my Phone Tracker GPS」

Prey Find my Phone Tracker GPSの最大の特徴は、その多機能さにあります。

GPS機能を使った居場所の特定のみならず、コントロールゾーンの設定(親が設定したゾーン内に子供が出入りする時に、親のスマホに通知が届く)、防犯ブザー、詐欺アプリの排除などの機能が盛り込まれています。

特にこのアプリのすごいところは、子供のスマホのカメラを制御し画像で子供の状態を確認できること。

カメラはフロントカメラも背面カメラもどちらも操作できます。

「いくら電話をしても子供が出ない」「メッセージが既読になるけど、返信が来ない」など、子供の現状を把握できなくて不安な時に活躍します。

GPSでの位置情報の確認は子供のスマホの管理上、子供の納得も得やすいですが、カメラを使用した子供の情報確認はさすがにプライバシーに踏み込みすぎている面があります。

子供の成長に合わせて、このアプリを使用する妥当性を親子間で検討すべきでしょう。

Prey Find my Phone Tracker GPS

Prey Anti Theft: Find My Phone & Mobile Security

Prey Find my Phone Tracker GPS

Prey Find my Phone Tracker GPS

Prey, Inc.無料posted withアプリーチ

とってもお得に子供にGPS機能付きのスマホを持たせる方法

「GPS機能で子供の安全を確認することができるのはわかったけど、どれぐらいお金がかかるか心配」というお父さん、お母さんも少なくないと思います。

通信機能を使用する以上、通信料金が発生するのは仕方ありません。

しかし、できるだけ安くGPS機能付きのスマホを子供に持たせたいですよね。

そこで「お得にスマホを持たせる方法」をご紹介します。

SIMフリースマホ+格安SIM(データ専用)

GPS機能付きのスマホを持たせるためには、スマホ本体と通信のためのSIMが必要です。

第一の方法はSIMフリースマホを購入し、データ通信専用の格安SIMを契約するという方法です。

SIMフリースマホとはどの通信事業者のSIMでも使用できるスマートフォンのこと。

大手キャリアではスマホ本体を安く見せるために、月々の通信料金に本体料金の一部を上乗せして請求することがほとんど。

SIMフリースマホは本体を原則として一括払いで購入する必要があります。

しかし、最近では1万円を下回るSIMフリースマホが登場しています。

最新の機能はないかもしれませんが、GPS機能を使用するだけであればこれで十分。

組み合わせる通信サービスは格安SIMを利用しましょう。

格安SIMは大手キャリアのSIMに比べて、使用できる機能や通信速度で見劣りすることも。

しかし、GPS機能だけを使用したいのであればそれで十分。データ通信のみの(音声通話ができない)SIMであれば月々にかかる料金は数百円からと格安です。

格安スマホ会社で端末セット購入

確かにGPS機能付きのスマホを持たせるなら上記の方法が一番お手頃です。

しかし、スマホ本体を購入し、別途格安SIMの契約するのは面倒なもの。「

本体の購入とSIMの契約を同時に行いたい」という方にオススメなのが格安スマホ会社で端末購入とSIM契約を同時に済ませるという方法です。

この方法のメリットは手間が少ないことだけではありません。初期費用を徹底的に抑えられることが格安スマホ会社の大きなメリット。スマホ本体を一括払いで購入する必要がありませんので、「最初に本体代金として数万円必要」ということはありません。

「本体代金が通信料金に上乗せされたら、月々の料金が高くなるのでは」と心配される方もいるかもしれません。

しかし、子供のスマホとしてGPS機能だけを使いたいのであれば、最新機種は不要。

少し古い機種とデータ通信専用のSIM契約を行えば、月々の料金は1,000円台に抑えることができます。

「大手キャリアではないので、震災など緊急時の通信の安定性が心配」「いざという時にGPS機能が使えないのでは…」と不安に感じる方もいるかもしれません。

しかし、格安スマホ会社が使っている通信回線は大手キャリアの回線。

同等の品質のものと考え、安心して使うことができます。

大手キャリアで乗り換え

子供が親の与えたスマホを素直に使ってくれるなら、SIMフリースマホや格安スマホで費用を抑えながらGPS機能を利用することもできます。

しかし、子供はいつまでも親の思い通りになるものではありません。

「友達と同じスマホを使いたいから」「最新の機能が欲しいから」という理由で、最新機能が搭載されたスマホを希望することもしばしば。

そうなると格安スマホや格安SIMで「お茶を濁す」ことは困難です。

大手キャリアでしか契約できない最新スマホを子供が欲しがった場合、費用を抑える方法は一つしかありません。

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の利用です。

大手キャリアは他のキャリアから移行する契約者を増やすために、MNPで自らのキャリアに移行する顧客にキャッシュバックを行うことがあります。

国からの指導により気前の良すぎるキャッシュバックはなくなりましたが、それでも数万円単位のキャッシュバックを行う代理店も今なお存在します。

特に年度末は代理店が駆け込みで契約者獲得に走るため、お得なキャッシュバックが行われることもしばしば。

子供が大手キャリアの最新スマホを希望する場合は、MNPによるキャッシュバックを活用して子供のスマホの契約を行いましょう。

 

まとめ

子供のスマホのGPS機能を使って居場所を確認する方法について解説してきました。

親子のスマホの種類が異なっても、GPS機能を利用することは可能。

また、コストを抑えながら、GPS機能を活用できる方法もあります。

少々の手間と費用はかかりますが、子供の安全は何よりも最優先されるべきです。

「何か」がある前に、GPS機能を使いこなせるようにしておきましょう。