スマホの【安心&安全&お得】を追求中!!

子供のスマホ依存について詳しく解説してみた

  • 子供のスマホ依存の予防策は?
  • 子供のスマホ依存の判定法は?
  • 子供のスマホ依存の治し方は?
最近、お父さん、お母さんの間で上記のような悩みが急速に広がりつつあります。
生活に必要不可欠なツールとして普及したスマートフォン。かつてはインターネットへの依存が問題になっていましたが、最近ではスマホへの依存が問題になっています。
特に成長期にある子供のスマホへの依存は成長や学習に障害をもたらすとの指摘も。子供のスマホ依存を何とかしたい…と思いつつも、効果的な対策がとれずに悩んでいるお父さん、お母さんも多いはず。
そこで今回は我が子がスマホ依存を防止するための環境作りや、スマホ依存の判断方法、そしてスマホ依存症の治し方について解説します。

子供のスマホ依存を防止するために

子供が話しやすい環境を作る

子供たちは毎日の学校生活の中で様々な感情を抱くもの。嬉しかった、悲しかった、辛かった、おかしいと思った…。常に「ちょっと聞いて」という気持ちを抱いて帰宅するものです。
その一方で、お父さん、お母さんも日々の仕事や家事に疲れ、家族全員が疲れ切っている状態に。聞いて欲しい話がいっぱいあるのに、両親が疲れ切っていては子供たちの話の受け皿がありません。話を聞いてくれない、聞いていても上の空…そんな両親を見ているうちに子供たちは次第に諦めてしまうのです。
子供たちが辛く悲しい気持ちを忘れるための手段がスマホです。スマホでのインターネットやゲームに没頭することで、子供たちは行き場のない辛く、悲しい思考を停止し、現実から逃避するのです。
子供のスマホ依存を防止するために必要なのは、子供たちが気持ちを吐き出せる環境を整えてあげること。子供たちにスマホのルールを押し付ける前にやらなければならないのは、親が子供たちの話を聞く時間を設ける、そんなルール作りでしょう。

子供と話し合ってスマホのルール・制限を決める

人間は様々な欲に支配されがちな生き物。楽しい方、楽な方へとついつい流れがちです。これは子供に限ったことではありません。酒やタバコ、ドラッグへの依存を断ち切れなくて通院する大人がいることからも、それは明らかでしょう。
何かへの依存を予め防止するために必要なのは、欲を縛るためのルール。社会に法規制や条例があり、学校に校則や学則があるように、家庭内にも一定のルールは必要です。
子供たちの安全のため、友達とのコミュニケーションツールとしてスマホを持たせるのは良いでしょう。しかし、多機能なスマホは親の期待や想定を超えて利用できるもの。SNSやインターネットの使用法を一歩間違えば、子供たちを危険な方向に追いやるツールにもなりえるのです。
ルール・制限を決める時は、親と子供が一緒に考えましょう。親はどのような目的で子供たちにスマホを持たせているのか。目的を超えてスマホを使用することがいかに危険か。危険を避けるためには、どのようなルールや制限が必要かを徹底的に話し合うのです。
親が一方的に押し付けるルールは、子どもの納得が得られずやがて破られてしまいます。親子がともに話し合い、お互いが納得するルールを決めましょう。

親がスマホを使いすぎない

スマホ依存は子供だけの問題ではありません。電車に乗っていても、喫茶店に入っても、友達同士の食事の時でさえ、大人たちはスマホを手から話しません。
歩きスマホで駅のホームから転落したり、自動車や自転車の運転中の「ながらスマホ」で人身事故を起こしたりするのも決まって大人です。子供たちは大人のそのような姿を見て、育ち、真似をするのです。
家庭内でいくら立派なルールを作っても、親自身がそれを守らないと有名無実化するのは必然。「大人にルールはいらない」「子供は黙って言うことを聞け」という態度では、子供たちの納得は得られません。
やがて子供たちはルールを守らなくなり、親たちが「ルールを守れ」と言うっても「お父さん、お母さんだって…」と反論されるのがオチ。子供たちにルールを守らせたいのであれば、親が率先してスマホを使いすぎない姿を見せるべきなのです。

子供がスマホ依存かどうか判断する方法

スマホの利用時間が異常に長い

子供がスマホ依存かどうかを見分ける第一の基準は使用時間です。スマホで最も利用頻度が高いインターネットや動画、ゲームはとても楽しく、時間がたつのを忘れて没頭してしまうもの。気がついたら夜中だった…ということも少なくありません。
最近のスマホは、子供たちが一日何時間スマホを使用し、どのアプリを使用したのか、どのようなサイトにアクセスしているのかを把握できる機能が搭載されています。まずはそれら機能を利用し、子供たちのスマホの利用時間を把握することから始めましょう。
次に行うべきは適正な使用時間の設定です。MMD研究所の「2017年版:スマートフォン利用者実態調査」によると、スマートフォンの利用時間として最も多いのが「2時間以上3時間未満」です。しかし、この調査は子供だけでなく、スマホを仕事で用いる大人も含んだ統計です。
子供のスマホの使用目的は、友達との情報交換や簡単な調べ物程度。LINEやInstagramなどのSNSは生活に必要不可欠とは言い難い利用法です。そう考えると30分から1時間程度が子供のスマホ利用時間として適正と言えるでしょう。親が考える適正な使用時間に照らして、子供のスマホの利用時間がそれを超えていれば、それはスマホ依存症です。

感情のコントロールができなくなった

成長期にある子供たち。身長や体重、骨格だけが成長ではありません。特に大切なのが脳の成長です。脳の中で最も遅く成長するのが「前頭前野」と言われる部分。人間の思考や想像力を司る部分です。
前頭前野が成長することによって、子供たちは感情を抑制し、社会性を伴った行動をしたり、得た情報を記憶したり、記憶から思考し、論理を組み立てたりできるようになるのです。
スマホ依存は成長期にある子供たちの脳に、処理しきれない大量の情報を洪水のように浴びせかけます。インターネットや動画、ゲームから与えられた情報にさらされ続けた結果、脳は疲れ果て、麻痺状態に陥るとも言われています。前頭前野の成長を妨げてしまうのです。
子供たちに「忍耐力に欠け、キレやすくなっている」「他人と強調することができなくなってきている」「自己管理能力が低下し、計画や約束が守れなくなっている」「生活リズムが乱れ、学校を遅刻したり、欠席したりしがちになっている」などの症状が現れた場合、スマホ依存に伴う脳機能の低下を疑いましょう。前頭前野の成長に支障をきたしている可能性があります。

学校の成績が目に見えて悪くなった

スマホ依存を見分ける3つ目の基準は「学校の成績」です。子供たちの成績が急激に悪くなった場合、スマホ依存が疑われます。上でも述べたようにスマホ依存になると脳の機能が低下しますので、支障は学校生活全般に影を落とします。
この場合の成績は評定値(3,2,1など)だけではありません。学校生活に関する評価・コメントもスマホ依存を見分ける一つの尺度です。学校の行事、部活動、委員会活動、総合的学習などを通じて、主体性や協調性、思考力や表現力など、社会で生きていくにあたって必要とされる社会性が総合的に育成されます。
先生のコメント欄に「授業以外の活動に積極的に参加できない」、「自己をコントロールできない」などのコメントが目立つようになると、脳機能の低下とそれをもたらしているスマホ依存の可能性が高いでしょう。

スマホ依存症の治し方

いきなりスマホを取り上げない

スマホ依存を防ぐために親がやってしまいがちな行動が、子供のスマホをいきなり取り上げるというもの。スマホを取り上げてしまえば、依存の対象がなくなり、依存症が解消する…そう考えるのもあまりにも安易です。
子供がスマホ依存になるのは、スマホがそこにあるから、という理由だけではありません。スマホ依存に至る根本的な原因は別にあります。その根本的な原因を明らかにし、根治することなく安易にスマホを取り上げてしまえばどうなるでしょうか。
子供は依存するもの他に探し始めます。兄弟や姉妹のスマホを拝借したり、親のパソコンを勝手に使用しようとしたりします。あるいはゲーム専用機でゲームに熱中したり、漫画やアニメに没頭したりするかもしれません。
子供は親の所有物ではありません。自ら独立した一つの人格として尊重し、子供のスマホを強制的に取り上げるようなことは避けましょう。親がスマホの利用を制限したいのはなぜか、スマホの利用を制限しないことによってどのような問題が発生しているのか、それを解決するためには何が必要か…親子ともにスマホを閉じて、膝を突き合わせて話し合うべきです。

利用時間帯やアプリの制限をかける

いくらルールや制限を決めたところで、人間には「欲」があり、ルールや制限を破ろうとする生き物です。いったん依存症になってしまうと、精神力だけでそこから抜け出すのは困難です。
そんな時はスマホに物理的な制限をかけるのも一つの手段です。最近のスマホは、保護者がスマホの利用時間や利用できるアプリに制限をかけることが可能です。スマホを利用させつつも、こうした機能でスマホの利用を制限することで、強制的にスマホ依存を断つのです。
しかし、上でも述べたように、子供の納得を得ないままの制限はいずれ破綻します。なぜ利用時間に制限をかける必要があるのか、なぜ使用してはいけないアプリや使用しすぎてはいけないアプリがあるのかについて、親子の納得がいくまで、あるいは子供を説得できるまで話し合いを重ね、合意の上で制限をかけましょう。

家族のコミュニケーションをとる

子供は最初からスマホに依存した状態で生まれてくるわけではありません。家庭生活の中で、行き場のない気持ちを抱えた子供たちはやむを得ずスマホ依存になってしまうのです。それではなぜ子供はスマホへと向かってしまったのでしょうか。
上でも述べたように、子供たちはお父さん、お母さんに聞いて欲しい話をたくさん抱えて帰宅してきます。あるいはお父さん、お母さんに遊んで欲しいのです。そんな「聞いて欲しい」「かまって欲しい」に親である皆さんは十分に答えてきたでしょうか。
子供たちがやり場のない思い、やるせない気持ちを抱えることは今に始まったことではありません。家族間のコミュニケーション不足が、子供たちを思わぬ行動に走らせることは昔からよくあることです。
ゲームセンターに通いつめたり、非行に走ったり、家出をしたり、ドラッグに手を出したり…そうした行動の同一線上にあるのが「スマホ依存」です。まずは家族のコミュニケーションを取り戻す。それが最良のスマホ依存症治療法と言えるでしょう。

まとめ

今回は子供のスマホ依存をテーマに、スマホ依存の予防法やスマホ依存の判定法、スマホ依存の治し方についてご説明してきました。スマホ依存は脳の成長を止めたり、脳機能を低下させたりすることから、その影響はその後の人生全体に影を落とします。子供の明るい未来のためにも、早期発見、早期治療を試みたいですね。
当サイトでは、子供用のスマホでお悩みの方向けのコンテンツを配信しております。何かお困りのことがあれば、ぜひ参考にしてくださいませ。
合わせて読みたい
<ul>
<li><a href=”https://smart-kakuyasu.site/child-smartphone-restriction/”>子供のスマホを制限する最も効率的な方法</a></li>
<li><a href=”https://smart-kakuyasu.site/child-smartphone-rule/”>子供のスマホに必要なルール10選</a></li>
<li><a href=”https://smart-kakuyasu.site/child-smartphone-timing/”>子供のスマホはいつから持たせる?気になる時期やきっかけを聞いてみた</a></li>
<li><a href=”https://smart-kakuyasu.site/child-smartphone-inexpensive/”>【必見】子供のスマホを最も安く購入する方法3選!</a></li>
</ul>