【最新版/悪用厳禁】iPhoneで通話を録音する方法まとめ

iPhoneを使っていて通話の録音をしたいと感じたことはありませんか?

ゾウ子
出先でメモが取れない時とか欲しいわね!
ペガロー
あとはビジネスで言った言わないを防ぐためにだったりね!

 

iPhoneで通話を録音する前に

iPhoneには【ボイスメモ】というアプリがありますが、こちらは通話に使用することは出来ません。

会話をする相手に録音するということを伝えず録音することを、法律では秘密録音といいます。

そして、「秘密録音」が違法になる場合や「秘密録音」そのものを完全に禁止している国や自治体も存在するため

Apple社はiPhoneに通話録音機能は持たせていません。

さて、前置きが長くなりましたが、iPhoneでの録音の仕方を紹介していきます。

iPhoneで通話を録音するには

  • アプリ
  • 汎用デバイスで録音
  • 専用デバイスで録音

上記の3つがメインの方法となっています。

ペガロー
色々なアプリやデバイスがあるから、一気に紹介しちゃうよ!
コアックス
よろしくお願いします!

 

アプリで録音

TapeACall

iPhoneのApp storeから無料でインストールできるアプリです。

こちらはインストールして設定まで行ったら、通話が始まって最初の60秒の間だけの録音が可能になります。60秒過ぎたらそれ以降の会話の録音が出来ませんのでお使いする際には注意が必要です。

このアプリで録音時間の制限なしで利用したい場合は有料プランに移行する必要があります。(1400円買い切り)

また、このアプリは、「グループ通話機能」を利用して録音をしています。

しかし、現在docomoユーザーはこのアプリで通話を録音することが出来ませんのでご注意ください。

TapeACall Lite: 通話録音

TapeACall Lite: 通話録音
開発元:Epic Enterprises
無料
posted withアプリーチ

通話録音 – 電話 録音 & ボイスレコーダー

このアプリもiPhoneのApp Storeから無料でダウンロードすることが可能です。

通話の録音機能は有料プランからでしか使えませんが、最初の7日間は無料でお試しが可能ですので、色々な録音方法を比較検討されたい方にお勧めのアプリとなっています。

通話録音 - 電話 録音 & ボイスレコーダー

通話録音 – 電話 録音 & ボイスレコーダー
開発元:BPMobile
無料
posted withアプリーチ

Call Recorder

こちらも有料の通話録音アプリですが、さきほどのアプリと違って月額で料金が発生するのではなく通話を録音した時間によって料金が発生します。

急に大事な話を録音しなくてはならくなったなど緊急の際に使うとお得なアプリとなっています。

コールレコーダー - IntCall

コールレコーダー – IntCall
開発元:TeleStar LTD
無料
posted withアプリーチ

テレフォンピックアップ+ICレコーダーで録音

上の図のような専用のイヤホン(テレフォンピックアップ)を準備し、別売りのICレコーダーと接続して通話を録音する方法です。

こちらは画像の右側の丹治の部分をICレコーダーに繋げて、イヤホンの部分を耳につけたままiPhoneで通話するとイヤホンの裏側の集音マイクでiPhoneから出てきた音を拾う仕組みです。

詳しくは下の図を参考にして下さい。

イヤホンの裏側に集音機能がついているため、iPhoneから出てきた音を物理的に拾う仕組みとなっています。

テレフォンピックアップとICレコーダーを使った場合は、アプリではないので機種の依存がないのでどのiPhoneやandroidでも利用することが可能な点や固定電話での通話の録音もできることも強みです。

また、価格帯も1500~2000円と比較的安い価格で購入できるのでICレコーダーをお持ちであれば、テレフォンピックアップをお勧めします。

しかし、どちらも持っていないと機器がテレフォンピックアップとICレコーダーの二つとも購入する必要があるので価格もあがってしまいます。ICレコーダーかテレフォンピックアップのどちらかを持っている方にお勧めです。

Bluetoothボイスレコーダーで録音

もし、ICレコーダーもテレフォンピックアップも持っていなくて、尚且つこれからICレコーダーを探すなら、スマートフォンでの録音に対応しているBluetoothボイスレコーダーを利用することをお勧めします。

Bluetoothを使う方法ですと機器が一つしかいらないし、今回紹介している下の商品などは持ち運びにも不自由しないのでテレフォンピックアップとICレコーダーの二つを買うならこれ人をお勧めします。

録音をするやり方はといいますと、今使っているiPhoneとボイスレコーダーをBluetoothに接続し、通話を録音するだけです。

この方法ですと、iPhoneとBluetoothだけで録音が可能にもなりますし無線で繋がってますのでコードが邪魔になることも一切ありません。

Bluetoothボイスレコーダーの中でもお勧めの商品

小型なスティック型レコーダーで、iPhoneとBluetoothで接続中に電話がかかってきたら、iPhoneをカバンなどに入れたままでも通話をすることが可能です。

マイクとスピーカーを内蔵しているので、そのままでもボイスレコーダーとしてお使いすることが出来ます。

imemoで録音

iPhoneの通話レコーダーでもあるimemoを利用することで、簡単に会話中に録音をすることが可能になります。

使い方は非常に簡単で、iPhoneのイヤホンジャックに端子を挿し込み、録音したい相手から電話がかかってきらた録音ボタンを押すだけです。

imemoは通話録音だけでなく、ボイスレコーダーやUSBメモリーとしても使うことが出来るので仕事用のUSBメモリにしておけば、仕事中でもに録音をすることが可能となります。

また、音楽を聴くために使うアンプの代わりにもなるので車の中などで好きな音楽を流すことが出来ます。

iPhone専用のデバイスで録音

iPhone専用の通話録音デバイス「PhotoFast Call Recorder X」が2018年3月から販売されています。

値段自体は14800円(税抜)と安くはありませんが、専用のアプリをインストールすることにより電話番号を使った通話だけでなく「LINE」「メッセンジャー」などのSNSアプリを通した通話の録音も可能となっているのが魅力です。

さらに複数人での通話やビデオ通話にも対応しているため、LINEやハングアウトなどのアプリを業務に利用している仕事場でも活躍できる製品です。

操作自体はとてもシンプルで、iPhoneに取り付けた本体の「録音」ボタンを押すと録音開始、もう一度押すと録音終了となります。

デバイス自体に録音データが保存される仕組みとなっているため、録音データの保存容量にはお気を付けて下さい。

脱獄

話は変わりますが、app storeでは無料で使うことが出来る録音のアプリは、お試し期間があるアプリを除いてありません。

そこで登場したのが、appleが許可していないアプリをインストールできるようになる「脱獄」というテクニックです。

脱獄とは、appleの許可を受けていない「非公式なアプリの動作を可能とすること」です。

脱号することによって、SIMロックを解除することが出来る点やデザリングを有効にすることが出来るなど、ほかにもたくさんの機能がありますが、appleのサポートを受けることが出来なくなるというデメリットもあります。

脱獄自体には違法性はありませんので、脱獄する際は責任感をしっかり持つことが大切です。脱獄に関して詳しく知りたい方は

こちらのページを参考にしてください。

人気商品 ※後日追記

こちらの商品は当サイトで人気の通話録音デバイスです。通話機能付きのイヤホンに録音機能が付属しているため、これ1つで録音が可能になります。値段も上で紹介している商品群と比較してお手頃なので、金額で迷われている方はこちらも紹介しておきます。ただ、この商品はイヤホンジャック端子なので、iPhoneで録音したい場合は別売りのlightening変換ケーブルも準備が必要です。

まとめ

今回はiPhoneでの録音の方法についての紹介をしました。 

ゾウ子
いっぱいあって迷っちゃうわね・・・
ペガロー
アプリで試してみて、自分に合わないと感じたらレコーダーなどの製品を購入するのがいいんじゃない?

 

アプリを利用して通話の録音をお考えの方は、自分がdocomoの携帯を使っていないかをもう一度確認してから有料のアプリを利用するかお試しで使えるアプリを利用するか決めるほうが良いでしょう。

テレフォンピックアップとICレコーダーを利用する方法も機器を二つ利用するので両方とも持っていない場合はBluetoothボイスレコーダーを使うことをお勧めします。

中にはBluetoothが好きでない方もいらっしゃると思うのでその際はアプリやテレフォンピックアップ、専用デバイスを使う方法などをお試しください。

 

当サイトでは、最近話題の格安スマホに乗り換えることによって通信費を安くすることをオススメしています。

もし、ご自身のスマホ料金が高いと感じられている場合は当サイトのコンテンツをご覧になるか、問い合わせページから直接管理人まで質問頂けると幸いです。