iPhoneのSIMフリー版を購入する!?ちょっと待ってください!

最近何かと話題になっている「SIMフリー端末」。SIMフリーと言えば、海外製のアンドロイド端末が有名ですが実はiPhoneにもSIMフリー版が存在するんです。

日本国内のApple Storeに行く or オンラインストアで購入できるのですが、SIMフリー版iPhoneの購入を検討されている方は少し注意が必要です。

ゾウ子
どういうこと?
ペガロー
目的によっては別の購入方法の方がオススメなんだよ!

 

そのとおりです。SIMフリーのiPhoneを購入する目的によってはApple Storeで購入するよりもお得になったり便利になったりする方法が存在します。

条件としては以下の通りです。

  • 格安スマホに乗り換えて安くしたいけど、最新のiPhoneを使いたいからSIMフリー版の購入を検討している人

もしあなたが毎月の料金を安くするために格安スマホへの乗り換えを考えていて、かつApple StoreでSIMフリー版iPhoneの購入を視野に入れているのなら、その方法はあまりお得ではありません・・・

コアックス
えっ!そうなの?
ペガロー
今から説明していくね

 

SIMフリー版iPhoneのデメリットについて

2年間の総費用

格安スマホを使うメリットは何と言っても「毎月の通信費の安さ」です。しかも他社からの乗り換えの際は、機種によってはほぼ0円で購入できるものもあるため、安い通信費で済ませたい方にとっては正にうってつけと言えるでしょう。しかし、格安スマホ会社に売ってない機種(例えば最新のiPhone、SONYのXperiaなど)を使いたい方はその機種を別途で購入する必要が出てきます。

【参考】

 

iPhone8(64G)の販売価格

→¥78800(税別)

iPhone8を使うためには、格安スマホの使用料金にプラスして約4000円ほどがかかってしまうわけです(24回分割で換算して)。しかし、最近の大手携帯会社は格安スマホに対抗して最新機種をそれなりに安い料金プランで持てるようにしています。

例えばドコモのシェアパックであれば、毎月の基本使用量は3000円程度で済みますし、auのピタットプランであれば条件が合えば格安スマホと同額の毎月1980円です。

つまり、もし格安スマホとSIMフリー版のiPhoneをセットで考えている場合に限っては、大手キャリアで機種変更ないし乗り換えをした方がお得になる場合が多いということです。

なぜなら、そもそも基本料金が格安スマホと変わらないのであれば、あとは機種代金がどれだけお得になるのかという話になりますが、シムと端末を別々に購入する方法では割引が入らないため、格安スマホでも大手キャリアより高くなってしまうからです。

ゾウ子
格安スマホで取り扱っていない機種を選ぶときは注意が必要ってことね
ペガロー
その通り!

 

ショップ対応

格安スマホとSIMフリー版のiPhoneの組み合わせにはもう一つ注意点があります。携帯会社が取り扱いをしている端末を契約とセットで購入した場合は初期設定などはお店のスタッフさんがしてくれますが、自分で端末を用意した場合は全て自分で設定をしないといけません。

ゾウ子
初期設定なんてやったことない!
ペガロー
あまり自信がないことはしたくないよね・・・

 

つまり、SIMフリーのiPhoneと格安スマホの組み合わせは料金的にもサービス的にもあまりお得とは言いにくいので、基本的には同じ会社もしくは大手キャリア間(docomo/au/SoftBank)の乗り換えを推奨します!

まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事ではSIMフリー版のiPhoneを購入する際の注意点について紹介させていただきました!

コアックス
スマホって難しい!
ペガロー
プランや料金が複雑だから、しっかり調べてから購入しようね!

追記

当サイトでは、最近話題の格安スマホに乗り換えることによって通信費を安くすることをオススメしています。

もし、ご自身のスマホ料金が高いと感じられている場合は当サイトのコンテンツをご覧になるか、問い合わせページから直接管理人まで質問頂けると幸いです。

格安スマホ

画像イメージ出典元:UQモバイル公式HP